高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモアマガジン > ババくる!? > 第二十五場 ゲスト:時東ぁみ

第二十五場 ゲスト:時東ぁみ

ジモア宣伝隊長HEY!たくちゃんのババくる!?


p01_740

馬場在住のものまね芸人HEY!たくちゃんが地元を紹介! 今回のゲストはつんく♂プロデュースのアイドルとして一世を風靡し、ベトナムでのライブなど、今も多方面で活躍している時東ぁみさん。たくちゃんにとって彼女は、長年共演を夢見た憧れのアイドル。夢叶ったたくちゃんが、パワーあふれる彼女の魅力に迫ります!

高田馬場駅から徒歩3 分、創作イタリアンとカクテルショーが自慢の『ピアクオーレ』にて。都会的で大人の雰囲気ただよう店内で、お酒とおつまみを味わいながら、時東ぁみさんとの対談がスタート!

たくちゃん:時東ぁみさんは僕が一番最初に好きになったアイドルなんです。当時、メガネのアイドルって、何でいないんだろうって思っていて…。調べたら「走るのが速い、スポーツが得意、肉好き」ってあって。今までのアイドルにない要素が全部詰まってて…。僕の好みにドンピシャだ!って興奮したんだよ。

時東:(満面の笑みで)ありがとうございます! 確かに、か弱くて女の子らしいアイドル像と違っていたかもしれないですね(笑)。

たくちゃん:デビュー当時、秋葉原のあちこちに巨大広告やポスターがあったり、ラッピング電車が走っていたり、あれほど秋葉原の街をジャックしたのは、これまでも、これからもないと思う!!

時東:よく知ってますね~、嬉しい! めちゃくちゃ宣伝にお金をかけてもらえて、よい時代でした。当時はマネージャーさんから、秋葉原を歩くと騒動になるから行くなって言われてて。実は当時の街の様子を見てないんです。

たくちゃん:いい時期にデビューできてよかったと思う。あの時にCDに買えてよかった。『I’m a lady ~じれったい私~』

時東:ほんとすごい知ってる! 17歳でソロデビューして、12年目になりました。いまはピン(ひとり)でやってる子が少なくなりましたね。ピンでデビューできた時代は私が最後くらいで。今の時代のアイドルは大変だなぁって…。

たくちゃん:そうだね。ソロで売りだせた最後の時期だよね。ソロで出てきたぁみちゃんを見て、ずっとピン芸人でやってきたから、勇気もらったもん。

時東:お笑いもピンの人は減りましたよね。ひとりだと、いい時も悪い時も、共に分かち合える人がいないですし。

たくちゃん:うん、わかる。孤独だよね。話は変わるけど、誕生日ライブにゲスト出演させてくれてありがとう。

時東:私、お笑いが好きなんです。ライブでお笑いのコーナーをやろうってことになって、そこでたくちゃんの名前があがって。出演打診のメールに、一番最初にOKをくださったんですよ。

たくちゃん:よくぞ、僕を引っ張りだしてくれました! 共演するまで会わないって決めてたから、嬉しかった! 思わず自分のラジオ番組で4回に渡ってこのことを語りましたよ(笑)

どこまで続く?! 時東ぁみさん褒め殺しトーク

たくちゃん:今日は自宅からここまでの数百メートル来るまでの緊張感がハンパなかった。自分が売れまくったら、時東ぁみをセットで売りだそうと目指していた時期もあったくらい(笑)。今日は、僕の“生きててよかったご褒美の日”。

時東:え~っ? そこまで思ってくださって嬉しい!

たくちゃん:一時期、ものまね界の時東ぁみになろうとしてた時期があったんだよ。メガネ芸能人のものまねネタがあって、そこでもマネしてた(笑)。お笑いライブに来てくれた時は、たまたま当日のネタになかったけど。

時東:噂で私のものまねネタがあるって、聞いたことあります(笑)。

たくちゃん:あと、ライバルを聞かれて「時東ぁみ」って答えてたよ。「お笑いじゃないじゃん」って、突っ込まれました(笑)。そういえば、高見盛さんもファンなんでしょ?

時東:高見盛さんや安田大サーカスのクロちゃんが、最初に好きになったアイドルが私だって言ってくださります。

たくちゃん:そういう魅力があるよね。自分でも、ぁみちゃん以上のアイドルへのときめきはないなぁ。昔、「グラビアアイドル変顔選手権」があったけど、ぁみさんの変顔の破壊力がすごかった(笑)。

時東:未だにネットで出ちゃってるんですよ(笑)。当時、少し悩んだんですけど、売れているアイドルたちが出場すると聞いて、やるならやりきろう!って。せっかくメガネをかけてるなら、上や下じゃなくって、横にずらそうって(笑)。

たくちゃん:そう!メガネって不利だと思うのに、横ずらしってのが、振り切れてて最高だった!年々、歌もパフォーマンスもうまくなっていて、ベトナムのライブ映像観たけどすごくよかった。『ギャルル』の時もパフォーマンスが飛び抜けていたもんね。いろいろあっただろうけど、仲は良かったの?

時東:グループだといろいろ言われますが、ホントに仲良しでしたよ。それぞれ違うジャンルの3人だったので楽しかったです。

たくちゃん:今はNHKで歌っているってのもすごい!

時東:NHKの「みんなの歌」で『カッパノナミダ』という歌を歌わせてもらってます。アイドルの歌い方と違って、初めてのナチュラルな歌い方で。「みんなのうた」の歴史に名を刻めたのも嬉しいです。

たくちゃん:僕もNHKに時東ぁみの名が残って嬉しいよ。さらにすごいのは、どんな時も最高の笑顔ってこと!

 

つんく♂さんの教え、アイドルは周りの人が決める

たくちゃん:メガネアイドルだったり、スポーツしたり、時代に先駆けた活動が多いよね。今のアイドルは、グループだし消費されてしまって、売れている期間が短く感じる。

時東:今はどんどん短くなってますよね。つんく♂さんに言われたことなんですけど、「自分でアイドルって言うな。それは周りが言ってくれることだ」って。だから自分では一度も「メガネっ子アイドル」って言ったことはないんです。今は、自分でアイドルって言うから、安い感じでもったいない。あと売れたからって、急に激しく遊んでお金使いまくる感じとか(笑)。

たくちゃん:あはは。ちょっと毒吐いた?でも、ほんとそう。芸能界って波があるけど、どうやってバランスをとってるの?

時東:仕事って単に生活の一部ですよね。仕事がないってことは、友達と会える時間があるってこと。仕事がない時の方が、気持ちは反比例して楽しんでるかも。昔が忙しすぎたから、今は自分の好きなことだけをさせてもらえている分、気持ちのバランスはとれています。

たくちゃん:落ち込んだ時の、気持ちの切り替え方はある?

時東:あんまり悩まないんです。強いて言えば、悩んでいる自分を俯瞰して見ることかな。「なんだ、こんなことか」と、泣いている自分が「ウケる」と思えるくらい客観視しちゃいます。

たくちゃん:出てくるね~。引き出しがたくさんあるわ~!

時東:私、結構引き出しあるんですよ(笑)。ヘイタクさんは、どうやって切り替えてますか?

たくちゃん:昔は毒を吐きまくってストレス発散してたけど、毒を吐いてると自分に返ってくるんだよ(苦笑)。だから、今の話で何か開けてきた気がする。今後、どうしたい?

時東:今までにないことをやっていきたいです。その方が後から楽しかったと感じますし。

たくちゃん:いいね~、楽しみ。ところで、ぁみさんのお母さんってどんな人?

時東:普段は恥ずかしがり屋なんですけど、お酒を飲むと破天荒なんです。トークライブに来てくれたはいいけど、酔っ払いすぎて、マネージャーさんに背負われて外に出たという…。

たくちゃん:(爆笑)。無茶苦茶面白いお母さんだわ。

どんな壁も一瞬。進み続けていれば人生は楽しい!

たくちゃん:高田馬場ってどんなイメージ?

時東:飲み屋さんがたくさんあるイメージですね。

たくちゃん:そうだね。物価が安くて住みやすい街だし。高田馬場という漢字って、前に進むイメージない? 自分ではエネルギーがあって、クリエイティブな空気がある街だと思ってる。

時東:へぇ。芸能にはぴったりの街ですね!

たくちゃん:では、最後に若い読者の皆さんにメッセージを。

時東:最近は若いのに人生を閉ざしている人がメディアで取りあげられがちですよね。人生には波がどうしてもあります。だからこそ、なりたいものがあってもなくても、ずっと進み続けていたら絶対に楽しい! どんな壁も一瞬の出来事だから、一生悩むことではないなと。自分のことばかり考えると苦しくなる時があるけど、人を喜ばそうという気持ちをもっていると開けてくる。こころを広くもって悩みすぎないで欲しいです。

たくちゃん:お~、生きてきた年輪がキレイ! 時東ぁみは、やっぱりすごいなぁ。

 

最初から仲が良さそうなトークに、二人だけでじっくり話すのが初めてと知ったスタッフはびっくり! 天真爛漫な笑顔を輝かせながら、終始スタッフにも気遣う時東さんに、私たちもすっかりファンになりました。常に新しいことにチャレンジし続ける時東さん。これからも唯一無二のタレントとして楽しませてくれそうです。

Text: 福井万里

Photo: 富山淳

ロケ地:Pia cuore(ピアクオーレ

保存

保存

保存

保存

保存

保存

ゲストプロフィール

p06_228
時東ぁみ

1987年9月25日生まれ/東京都出身。
タレント。歌手、アイドル、女優、DJ、MCなど。2005年ミスマガジン賞を受賞し翌年つんく♂ファミリーとしてメジャーデビュー。2007年には3人組ユニット「ギャルル」としてもデビュー。防災士免許・上級救命技能・ジグソーパズル検定手話検定・整理収納アドバイザー・耳つぼジュエリーアーティスト・食品衛生責任者など多くの資格を持つ。ベトナムフェアに出演し、ベトナムでもライブを開催するなど、アイドルの枠を越えて活動中。

●『 女は悩まない 女の世直しニュース女子』
TOKYO MX毎週月曜日22:00~/CS DHCシアター毎週金21:00~

●NHK-FM『ラジオマンジャック』
毎週土曜日16:00~18:00生放送

● 危機耳ラジオ~その時のために~
[KRY TBS KBS GBS JRT NBS TBC MRO]

●『 時東ぁみアジアチャリティープロジェクト~子どもたちに笑顔いっぱいの未来を~』
https://m.facebook.com/tokitoami.asiacharityproject/

リリース情報

NHKみんなのうた「カッパノナミダ」

コロムビアキッズ キッズソング
ハッピー☆ボックス
発売中!

            カッパノナミダ収録 日本コロムビアより発売中

p_babakuru_228_146px

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2017 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.