高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
  • そば・うどん
  • 高田馬場
  • 西早稲田

蕎麦・旬菜 浅野屋

アサノヤ
[交通] 副都心線 西早稲田駅より徒歩3分、JR高田馬場駅 早稲田出口より徒歩9分、地下鉄東西線 高田馬場駅6番出口より徒歩7分
  • ランチあり
  • お子様OK
  • 喫煙席あり
  • 個室あり
ジモアを見たとお伝えください。
お問い合わせはお電話で
ひとこと旬の幸と腰のある手打ち蕎麦。密やかに佇む知る人ぞ知る路地裏の名店。
更新日:2015年03月27日

旬の幸と腰のある手打ち蕎麦。密やかに佇む知る人ぞ知る路地裏の名店。

「蕎麦・旬菜 浅野屋」は、馬場口の交差点から早稲田方面に向かい、一本目の角を左に曲がった路地裏に店を構えている。大通りからでは見逃してしまいそうな、知る人ぞ知る隠れた名店である。店内に入ると、昼はボサノバ、夜はジャズがしっとりと流れる、お蕎麦屋さんとは思えないおしゃれで落ち着いた雰囲気。漆喰の壁と深みのある木のテーブルがスポットライトに照らされ、和の中にもモダンな空間を演出している。
浅野屋の創業は昭和35年、早稲田で開店して6年目。元々は下落合で両親が営んでいたお蕎麦屋さんを継ぐときにこの地に移転したという。東京最古の蕎麦店である「巴町砂場」で修行し、神田で140年続く老舗「浅野屋」からのれん分けを許されただけあって、しっかりとした本格そばが味わえるお店だ。
(掲載日:2012年12月23日)

img1

しっかりとした喉ごし、風味豊かな絶品手打ち蕎麦。

蕎麦で重要なのは、なんといっても喉ごし。「浅野屋」では、荒挽きの粉を七三で丁寧に手ごねした後、特殊な機械で切ることによって、カドが立って引っかかりのある独特の触感を出している。細めの麺がつゆによく絡み、蕎麦とカツオのいい香りが口いっぱいに広がる。つゆは、まろやかでコクのある本返し。最低一週間は寝かせて香りと旨みを引き出し、新鮮なおいしさを楽しめるよう一か月のうちに使い切ってしまうそうだ。温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦ではつゆの作り方に違いを出したり、時期によって蕎麦粉の産地を変えたりなど、きめ細かいこだわりが随所にみられる。

img2

からだにやさしい、充実したサイドメニュー。

お蕎麦屋さんには珍しく、蕎麦以外の小鉢やおつまみメニューも充実。すべてに蕎麦つゆを使用して統一感を持たせつつ、様々な食材を味わえるように工夫しているという。オススメは、根菜のマリネ。和のイメージとその見た目から煮物のような印象をうけるが、食べてみるとビックリ!ほどよい酸味とだしの風味が根菜のしゃきしゃき感とマッチして、今まで食べたことのない爽やかなおいしさだ。通常お蕎麦屋さんに行くと野菜が不足しがちなため、体にもうれしい一品である。このマリネは「蕎麦御前」にも小丼とともにセットでついてくる。まさに「蕎麦・旬菜」の看板にいつわりなしの小鉢やおつまみの充実度だ。

img3

ここは時間を忘れこころが癒されるくつろぎの食空間。

この他にも、ひざかけやカロリー表、食後に自由につまめる飴なども用意されていているからか、ランチや仕事帰りに女性一人で訪れるお客さまも多いという。お店は和の雰囲気のなかに、バリ風を交えたような内装。ラーメン屋や居酒屋が多いこの界隈において、落ち着いた大人の時間を過ごせる貴重なお店である。厨房が見渡せるメインのカウンター席は、蕎麦をゆでる店主を眺めつつ会話も楽しめる。もちろんテーブル席と半個室もあるため、ランチタイムには会社員の方、土日には年配のご夫婦、家族連れなど幅広い客層で賑わっている。

img4

自慢のお酒でしっとりと大人の夜を・・・

仕事帰りに一人でふらっと立ち寄り、カウンターで季節の料理をつまみながら、ゆったりお酒をたしなむ。そんなゆったりとした楽しみ方もこのお店ならではの魅力。「浅野屋」で扱っているのは、ほとんど流通していない貴重な地酒「九頭龍」や、香り高い蕎麦焼酎「黒姫」など、厳選された自慢のお酒だ。好きな徳利とおちょこを、数種類から選べるサービスもうれしい。シメはもちろんお蕎麦で。最後にさらっと食べられる小さめのせいろは、お腹も心もやさしく満たしてくれる。

img5

自分で打った蕎麦に舌鼓を打つ。「手打ちそば教室」毎月開催中!

地元の方とのかかわりも大事にしており、月に一度、第二土曜日には、蕎麦の手打ち教室を開催している。自分で打った蕎麦のおいしさにハマり毎月通う熱心な方や、幼稚園児の女の子とお母さん、趣味の蕎麦打ちのスキルアップをしたい男性などが参加しているそう。あるときは常連さんがアメリカからのお友達をつれて体験に来たこともあったという。一鉢500g(約5人前)つゆ付きで、わずか3,000円というリーズナブルなお値段なので、この機会に自らの手で捏ねて打つところから蕎麦を味わってみては?

img6

お客さまのために「当たり前」のことをきちんとまじめに。

こだわりは?という質問に、「こだわりっていうんじゃないんだけど」と店主の佐藤さん。蕎麦はとても繊細なため、温度や湿度によって味が変わりやすい。毎日打ち方や水加減を微妙に調節しなければ、おいしい蕎麦にはなりえない。確かにプロとして気を遣ってはいるが、ただやらなくてはいけないことをやっているだけで、それを「こだわり」にしてしまうのはおかしいという。その日に一番おいしいものを、一番おいしい形で提供することが「当たり前」なのだ。
「こだわって凝り固まってしまうのではなく、お客さんに幸せな気分で帰ってもらうために何ができるのか、これからもずっと考え続けていきます。」きちんとまじめに、毎日おいしい蕎麦を打つ。店主の佐藤さんの人柄が伝わるお蕎麦、是非ご賞味あれ。(取材・文:加藤 稚菜)

img7

店舗情報

基本情報

店舗名
蕎麦・旬菜 浅野屋
店舗名(カタカナ)
アサノヤ
カテゴリー
  • そば・うどん
  • 高田馬場
  • 西早稲田
TEL
03-3205-3557
住所
東京都新宿区西早稲田3-27-4 第一キャラット川俣1F
営業時間

ランチタイム/11:30~15:00
ディナータイム /17:30~21:00

定休日

日曜日・祝日 第2土曜

平均予算
2,000円以上~3,000円未満
クレジットカード
 

設備・その他

席数
18席(禁煙席なし)
個室
4名様用1室/2名様~ご利用可
お子様
お子様連れ歓迎

こんなお店もおすすめ

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2017 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.