高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモア新聞 > アート・カルチャー > 【早稲田松竹】8/18(土)~8/24(金) 上映 『ペパーミント・キャンディー』 『タクシー運転手 約束は海を越えて』

【早稲田松竹】8/18(土)~8/24(金) 上映 『ペパーミント・キャンディー』 『タクシー運転手 約束は海を越えて』

top

スクリーンショット 2018-08-10 13.29.25

 

★上映時間(上映順)が日替わりとなります。変則的なスケジュールにご注意ください。

ペパーミント・キャンディー
박하사탕/Peppermint Candy
(1999年 日本/韓国 129分 35mm

pic

【8/18(土)・20(月)・22(水)・24(金)】
12:50 / 17:40
【8/19(日)・21(火)・23(木)】
10:20 / 15:10 / 20:00
■監督・原作・脚本 イ・チャンドン
■製作 ミョン・ケナム/上田信
■撮影 キム・ヒョング
■編集 キム・ヒョン
■音楽 イ・ジェジン

■出演 ソル・ギョング/ムン・ソリ/キム・ヨジン

■2000年カンヌ国際映画祭監督週間出品/大鐘賞最優秀作品賞ほか主要5部門受賞

■パンフレット販売なし

もう戻れない、失われてしまった時

pic

ある男の人生を20年にわたって遡る、切ない物語。何もかも失ったキム・ヨンホが全てを捨てる決意をした時、彼の脳裏に様々な思い出が蘇る。5年前、自ら 放棄してしまった家庭。15年前、互いに想いを寄せながらも、別れを決意した初恋の人スニムへの愛。純粋な青年だった彼の人生を狂わせたものは何だったの か?

一人の男の人生を通して、韓国の政治状況も冷静に見据えながら、選ばなかったことで失ってしまった大切な時間を一つひとつ辿っていく。輝く未来を信じ、初めて恋しい人と心を通わせた20才のあの日には、もう戻れない…。

切ない初恋の記憶をたどる時間旅行 『シュリ』に次ぐ大ヒットを記録した 巨匠イ・チャンドンの長編第二作目

pic

小 説家を経て脚本家として映画界に入り、96年『グリーン・フィッシュ』で監督デビューしたイ・チャンドン。第二作目の『ペパーミント・キャンディー』では、人生への深い洞察と、真実味のあるストーリー、郷愁を誘う映像美で、アジアを代表する新しい映画作家として世界に強い衝撃を与えた。主演は、いまや韓 国を代表する名優であるソル・ギョング。20年におよぶ男の人生を全身全霊で挑み、圧倒的な演技力を見せつけた。

韓国のアカデミー賞といわれる2000年の大鐘賞で主要5部門受賞、各国の映画祭でも絶賛を浴びた『ペパーミント・キャンディー』。なお、本作は日本とのNHKと韓国の共同制作で、韓国の日本文化開放後、両国が最初に取り組んだ記念すべき作品でもある。

line

タクシー運転手 約束は海を越えて
택시운전사/A Taxi Driver
(2017年 韓国 137分 DCP
pic

【8/18(土)・20(月)・22(水)・24(金)】
10:20 / 15:10 / 20:00
【8/19(日)・21(火)・23(木)】
12:40 / 17:30
■監督 チャン・フン
■脚本 オム・ユナ
■撮影 コ・ナクソン
■編集 キム・サンボム/キム・ジェボム
■音楽 チョ・ヨンウク

■出演 ソン・ガンホ/トーマス・クレッチマン/ユ・ヘジン/リュ・ジュンヨル

■第90回アカデミー賞韓国代表出品/大鐘賞最優秀作品賞、企画賞ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト
http://klockworx-asia.com/taxi-driver/

■パンフレット販売未定

©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

1980年5月。 韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件 あの日、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と 彼を乗せたタクシー運転手がいた。

pic

ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま 一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。「危険だからソウルに戻ろ う」というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人 で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

観客動員数1200万人突破! 名優ソン・ガンホ主演で贈る、 韓国主要映画賞を総なめにした2017年NO.1大ヒット作!

pic

戒厳令下の物々しい言論統制をくぐり抜け唯一、光州を取材し、全世界に5.18の実情を伝えたユルゲン・ヒンツペーター。その彼をタクシーに乗せ、光州の 中心部に入った平凡な市民であり、後日、ヒンツペーターでさえその行方を知ることのできなかったキム・サボク氏の心境を追うように作られた本作は、実在し た2人が肌で感じたありのままを描くことで、1980年5月の光州事件を紐解いていく。

タクシー運転手のマンソプに韓国映画界の名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者にドイツのベテラン俳優トーマス・クレッチマン。 他、唯一無二の存在感を放つユ・ヘジン、若手実力派リュ・ジュンヨルと豪華キャストが集結。ここに『義兄弟』『高地戦』のチャン・フン監督の演出が加わり、平凡なタクシー運転手と外国人記者、そして光州で出会う人々が危険な状況に負けず、最後まで自分の信念を貫き通した“あの日”をドラマチックな感動で 包み込む感動作が誕生した。

保存

保存

DATA
早稲田松竹映画劇場
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 
営業時間
上映作品によりタイムテーブルが異なりますので、週により開館・閉館時間は異なります。
<入場料> 1,300円(大人)/1,100円(学生)/800円(ラスト1本)など

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2018 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.