高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモア新聞 > アート・カルチャー > 【早稲田松竹】2/16(土)~2/22(金) 上映 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』『顔たち、ところどころ』

【早稲田松竹】2/16(土)~2/22(金) 上映 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』『顔たち、ところどころ』

 

そしてアーティストたちの旅は続くスクリーンショット 2019-02-12 19.14.21

★特別レイトショーは、週の半ばで上映プログラムが変わります。
2/16(土)-18(月)→Aプログラム、2/19(火)-22(金)→Bプログラムを上映いたします。

 

 

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス Buena Vista Social Club: Adios

開映時間 12:25 / 16:15

ルーシー・ウォーカー監督作品/2017年/イギリス/110分/DCP

■監督 ルーシー・ウォーカー
■製作総指揮 ガブリエル・ハモンド/ダニエル・ハモンド/ルーシー・ウォーカー/ジェイソン・ラスト/ヴィム・ベンダース/ビル・ロード/トム・コルボーン/アンドリュー・ベイカー/ラッセル・スミス
■撮影 エンリケ・シャディアック/ルーカス・ガス/ニック・ヒギンズ

■出演 オマーラ・ポルトゥオンド/マヌエル・”エル・グアヒーロ”・ミラバール/バルバリート・トーレス/ エリアデス・オチョア/イブライム・フェレール

■公式サイト
http://gaga.ne.jp/buenavista-adios/

■物販情報
・パンフレット(720円)

© 2017 Broad Green Pictures LLC

“アディオス”世界ツアーの幕が上がる。―伝説は永遠に終わらない。

1997年、1枚の アルバムが、世界の音楽シーンに驚きと至福のセンセーションを巻き起こした。当時なんと90代のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバ のベテラン歌手や音楽家たちを復活させた、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」だ。アルバムタイトルは、実在した会員制の音楽クラブの名前で、そのまま 彼らのバンド名にもなった。アメリカの偉大なるギタリストと称えられる、ライ・クーダーがプロデュースしたこのアルバムは、権威あるグラミー賞を受賞し、 ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる400万枚を売り上げた。

さらに、名匠ヴィム・ヴェンダースが彼らの音楽と人柄に惚れ込んで監督したドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が、全世界で破格の ヒットを飛ばす。日本でも2000年に公開され、ミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げた。その熱狂は、音楽・映画にとどまらず、社会現象へと広 がっていった。

あれから18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーが、“アディオス”世界ツアーを決行、ヴェンダース製作総指揮で最後の 勇姿を収めた音楽ドキュメンタリーが完成した。監督は、『ヴィック・ムニーズ ごみアートの奇跡』のルーシー・ウォーカー。その突出した才能が今最も注目されているドキュメンタリー作家だ。

前作でカットされた秘蔵映像も交えながら、カメラはこれまでの旅路や、その死にも迫る。音楽の女神に愛された彼らの、人生のすべてが込められ、一層深みを増した歌声と演奏を全身で受け止めるすべての観客は、このまま映画が終わらぬことを祈るだろう─。

 

 

顔たち、ところどころ Faces Places

開映時間 10:40 / 14:30 / 18:20(~終映19:55)

アニエス・ヴァルダ&JR監督作品/2017年/フランス/89分/DCP

■監督・脚本・出演 アニエス・ヴァルダ/JR
■製作総指揮 ロザリー・ヴァルダ
■音楽 マチュー・シェディッド

■第70回カンヌ国際映画祭ルイユ・ドール(最優秀ドキュメンタリー賞)受賞/第42回トロント国際映画祭観客賞受賞/第90回アカデミー賞ドキュメンタリー部門ノミネート/第43回セザール賞最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート

■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

■物販情報
・パンフレット(700円)

© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.

旅に出ましょう。あなたを、忘れないように。

映画監督アニエス・ヴァルダ(作中で87歳)と、写真家でアーティストのJR(作中で33歳)は、ある日一緒に映画を作ることにした。

JRのスタジオ付きトラックで人々の顔を撮ることにした二人は、さっそくフランスの村々をめぐり始めた。炭鉱労働者の村に一人で住む女性、ヤギの角を切ら ずに飼育することを信条とする養牧者、港湾労働者の妻たち、廃墟の村でピクニック、アンリ・カルティエ・ブレッソンのお墓、ギイ・ブルタンとの思い出の海 岸、JRの100歳の祖母に会いに行き、J.L.ゴダールが映画『はなればなれに』で作ったルーブル美術館の最短見学記録を塗り替える。

アニエスのだんだん見えづらくなる目、サングラスを決して取ろうとしないJR。時に歌い、険悪になり、笑いながら、でこぼこな二人旅は続く。「JRは願いを叶えてくれた。人と出会い顔を撮ることだ。これなら皆を忘れない」とアニエスはつぶやく…。

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞、2017 年には60年以上にも渡る映画作りの功労が認められアカデミー名誉賞を受賞したアニエス・ヴァルダ。そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住 む人々の大きなポートレートを貼り出す参加型アートプロジェクトで知られるフランス人アーティストJR。

『顔たち、ところどころ』は、そんな二人がフランスの田舎街を旅しながら、人々と接し作品を一緒に作り残していく、ロードムービー・スタイルのハート ウォーミングなドキュメンタリー。第70回カンヌ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞ルイユ・ドール(金の眼賞)、同年のトロント国際映画祭では最高 賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)のドキュメンタリー部門を受賞。また、第90回米国アカデミー賞、 第43回セザール賞 にもノミネートされるなど、世界の映画祭を席巻した。

 

 

【特別レイトショー】マジック・ランタン・サイクル 【Late Show】Magick Lantern Cycle

開映時間 【2/16(土)-2/22(金)】開場20:20 / 開映20:30

ケネス・アンガー監督作品/1947-1980年/アメリカ/Aプログラム:88分/Bプログラム:80分/DVD

■監督・脚本 ケネス・アンガー

■上映作品
【2/16-2/18★Aプログラム】(88分)
『花火』『プース・モーメント』『ラビッツ・ムーン(1950年バージョン)』『人造の水』『快楽殿の創造』

【2/19-2/22★Bプログラム】(80分)
『スコピオ・ライジング』『K.K.K. Kustom Kar Kommandos』『我が悪魔の兄弟の呪文』『ラビッツ・ムーン(1979年バージョン)』『ルシファー・ライジング』
★2つのプログラムを上映、週の途中で上映作品が変わります。

★レイトショー上映はどなた様も一律1000円でご鑑賞いただけます。
★チケットは、連日10:20より受付にて販売いたします(当日券のみ)。
★ご入場は、チケットに記載された整理番号順となります。

© Kenneth Anger

伝説の映像作家、ケネス・アンガー 呪術的イメージの集大成

アンダーグラウンド映画の系 譜において伝説的存在をほしいままにする映像作家ケネス・アンガー。デレク・ジャーマン、ジャン・コクトー、ミック・ジャガー、デヴィッド・リンチ、デニ ス・ホッパー、ガス・ヴァン・サント、マーティン・スコセッシ、アンジェラ・ミッソーニ…時代を越え、ジャンルを越え、名だたるクリエイターにアンガーの 呪術的イメージは今なお多大なる影響を与え続けている。

彼の集大成である『マジック・ランタン・サイクル』には、神や道化師、無骨なバイカーたちといった様々な登場人物からなる映像作品が収められている。

登場人物は異なれど、どれも彼が若き時代を過ごした無声映画全盛のハリウッド映画への憧憬と、現実の世界への疑い、居心地の悪さのようなものを重ねあわ せ、夢の中の物語のようにロマンティックに仕上げている。一見攻撃的で反逆的なイメージの強い彼の映像だが、これらの作品からは、あくまで個人的な体験・ 自らの皮膚感覚を元にして制作されているのだろうというのが手に取るように伝わってくる。だからこそ、異端と呼ばれながらも、アンガーの表現は今なお強い インパクトを与え、インディペンデント映画を変革した人物として、強い磁場を持って私たちを惹きつけて止まないのである。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

DATA
早稲田松竹映画劇場
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 
営業時間
上映作品によりタイムテーブルが異なりますので、週により開館・閉館時間は異なります。
<入場料> 1,300円(大人)/1,100円(学生)/800円(ラスト1本)など

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2019 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.