高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモアマガジン > 映画コラム > 『散歩する侵略者』

『散歩する侵略者』

THE MEIGAZA Vol.31

今回の作品は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門をはじめ数多くの国際映画祭にノミネートされた黒沢清監督の最新作。北野武監督『アウトレイジ 最終章』との二本立てで、非日常の世界をお届けします!

http://www.jimore.net/wp-content/uploads/jmagazine/eeee/2017/12/16838f5db67b914c100cc374531faa52.jpg

©2017『散歩する侵略者』製作委員会

 「なるほど。それ、もらうよ」数日間の行方不明の後、夫・真治(松田龍平)がまるで別人のようになって帰ってきた。不仲だった夫の優しく穏やかに変貌した姿に戸惑う妻・鳴海(長澤まさみ)だったが、冷め切ったはずだった二人の関係は徐々に回復の兆しをみせる。しかし、その日を境に巷では不可思議な現象や一家惨殺事件が頻発し、不穏な気配が充満していく。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は事件の犯人を追いながら、彼らがあるものを収集していることを突き止めるのだった。
前田知大率いる劇団イキウメで2005年に初演された人気舞台『散歩する侵略者』を映画化した本作は、出会った地球人から概念を収集するという斬新な設定の侵略SFだ。黒沢清監督はこれを『ボディ・スナッチャー』や『遊星からの物体X』のような往年の傑作B級SF映画の文脈に結び付けながら、今まで誰もみたことがない独創的な作品を作り出した。「家族」や所有格の「の」など、生活には必要不可欠な概念を抜き取られた地球人たち。その姿は今まで縛られていたものから解放された妙な爽やかささえ感じさせ、この世界の奇妙な不穏さを加速していく。地球滅亡と、夫婦関係の回復の物語を並行して描きながら、定義しがたい「愛」の概念まで堂々と扱いきる黒沢清監督の究極の最新作。見逃す手はありません。

店舗名
早稲田松竹
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 

1月27日(土)~2月2日(金)
「アウトレイジ 最終章」と2本立て上映

『散歩する侵略者』
(2017年 日本 129分)
監督・脚本:黒沢清
原作: 前川知大
出演:長澤まさみ/松田龍平/高杉真宙/恒松祐里/長谷川博己 ほか

 

img2-228x146-119-228x146[1]

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2018 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.