高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモアマガジン > 2020 > 『ミッドサマー ディレクターズカット版』 Midsommar

『ミッドサマー ディレクターズカット版』 Midsommar

THE MEIGAZA Vol.42

早稲田松竹の特別企画として、10月後半に2週に渡って4作品を上映する「女たちのオカルト・サイコホラー特集」。世界が注目するアリ・アスター監督のフェスティバル・ホラーとも呼ばれる今年の最新作が、早くも早稲田松竹に登場です!

メイン

 女子大生のダニーに双極性障害の妹から届いた不吉なメール。「もう耐えられない。パパとママも一緒に行く。さよなら」。不安は的中。一瞬にして天涯孤独の身になったダニーは、破局寸前の彼氏が友人と計画していた人類学のフィールドワーク研究のための旅行へ同行することになる。スウェーデンからの交換留学生の故郷で夏至<ミッドサマー>に行われる祝祭。地上の楽園かと見紛う太陽の沈まない地で彼女たちは少しずつ不穏な空気に包まれていく。

 『ヘレディタリー/継承』で鮮烈なデビューを飾ったアリ・アスター監督の最新作。(町山智浩氏による)「青空スリラー映画」と形容されるだけでも想像できる完全未体験な恐怖。前作から共通する家族や(彼氏)との機能不全な関係を描きつつもホラーというジャンルを塗り替えるような描写が斬新だ。しかも<ホルガ>と呼ばれるこの場所で行われる儀式の内容は徹底したリサーチによって実際に行われていた儀式を元に着想されているというのだから驚きだ。

 今回の特集では本作と同じく大注目の「A24」スタジオ制作による、魔女伝説を描いた『ウィッチ』。ハイブリットな感覚でオカルトともサイコスリラーとも言えるような愛と狂気の恐ろしさを描き出したカルト的傑作『ポゼッション』(1981)、極めつけはオカルトホラーの金字塔『ローズマリーの赤ちゃん』を特別に権利取得して上映します。題して「女たちのオカルト・サイコホラー特集」! どの映画もトラウマ級の面白さです。

保存

保存

店舗名
早稲田松竹
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 

女たちのオカルト・サイコホラー特集

第1週:10/17(土)~10/23(金)『ミッドサマー』『ウィッチ』
第2週:10/24(土)~10/30(金)『ローズマリーの赤ちゃん』『ポゼッション 40周年HDリマスター版』

ミッドサマー ディレクターズカット版 MIDSOMMAR
(2019年/アメリカ・スウェーデン/170分/DCP/R18+)

監督・脚本 アリ・アスター
出演 フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー/ウィル・ポールター ほか

img2-228x146-119-228x146[1]

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2020 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.