高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモア新聞 > アート・カルチャー > 【早稲田松竹】3/24(土)~3/27(火) 上映 『線引き』 『ひとひら』『どこまでもいこう』『亡霊は笑う』『最期の星』『おかえり』

【早稲田松竹】3/24(土)~3/27(火) 上映 『線引き』 『ひとひら』『どこまでもいこう』『亡霊は笑う』『最期の星』『おかえり』

top
早稲田大学映像制作実習と早稲田松竹のコラボレーション上映の企画が今年も決定しました! 3/24(土)~27(火)の4日間、学生作品4本と 参考上映として塩田明彦監督の『どこまでもいこう』、篠崎誠監督の『おかえり』を日替わりで上映いたします! どなた様も800円でご鑑賞いただけます。ぜひお気軽にご来場下さい
タイムテーブル
3/24・3/26上映作品
学生作品a

どこまでもいこう
(1999年 日本 75分 35mm

pic

■監督・脚本 塩田明彦
■製作 堀越謙三/松田広子
■撮影 鈴木一博
■編集 筒井武文
■音楽 岸野雄一
■出演 鈴木雄作/水野真吾/芳賀優里亜/鈴木優也/能登絵梨菜/小貫華子/安藤奏

■1999年ナント三大陸映画祭審査員特別賞/日本映画プロフェッショナル大賞第1位
■パンフレット販売なし

10歳の春、自分が自分になる季節

pic

郊外のニュータウン。同じ団地に住むアキラと光一は、いつものように連れ立って小学校に向かう。今日は5年生の新学期が始まる日。学校ではクラス替えが発 表されている。体育教師に予告されたとおり、コンビで悪さをするふたりは別々のクラスになってしまった。“関係ねえよ!”と相変わらずイタズラを繰り返す ふたり。友情は永遠につづくと信じていたふたりだが…。

pic

意地っ張りで、もろくて、時に単純で、優しい、10歳という「いま」を生きる子どもたちの姿を捉えた、塩田明彦監督の劇場公開映画第2作目。ナント三大陸映画祭審査員特別賞受賞。

3/25・3/27上映作品

学生作品b

おかえり
(1996年 日本 99分 35mm
pic

■監督・脚本 篠崎誠
■脚本 山村玲
■製作 筒井武文/松田広子
■撮影 古谷伸
■編集 筒井武文
■出演 寺島進/上村美穂/小松正一/青木富夫/諏訪太朗

■ベルリン国際映画祭最優秀新人監督賞/モントリオール国際映画祭新人監督グランプリ、国際映画批評家連盟賞 ほか多数
■パンフレット販売なし

©comteg+篠崎誠

はりつめた想い ただ、抱きしめる

pic

結婚してまだ三年に満たない若い夫婦、孝と百合子。孝は塾の講師として忙しく働き、この行為が妻に対する愛情であると信じている。百合子は家庭で出来る仕事 を請け負い、彼の帰りを待ち続ける。何の不安もない、夫婦の日々が流れているはずだった。ある日、夫は妻の不意の外出に不審を抱き、彼女の後ろ姿を追う。 そこで夫が見た妻のもうひとつの顔とは――。

pic

誰もが潜在的に抱える孤独感や対象のない焦燥感、そしてそこにいつもつきまとう不安を乗り越えて、共に生きてゆこうとする夫婦の愛の物語。完全なインディペ ンデント作品として製作された篠崎誠監督の初長編作品。全世界30ヶ所以上の映画祭で上映され、フランスでの劇場公開も成功を収めた。

DATA
早稲田松竹映画劇場
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 
営業時間
上映作品によりタイムテーブルが異なりますので、週により開館・閉館時間は異なります。
<入場料> 1,300円(大人)/1,100円(学生)/800円(ラスト1本)など

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2018 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.