高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモア新聞 > アート・カルチャー > 【早稲田松竹】11/3(土)~11/9(金) 上映 『ワンダーストラック』 『女と男の観覧車』

【早稲田松竹】11/3(土)~11/9(金) 上映 『ワンダーストラック』 『女と男の観覧車』

top_off
★連日20:40より特別レイトショー『仕立て屋の恋』を上映いたします。


ワンダーストラック

WONDERSTRUCK
(2017年 アメリカ 117分 DCP
pic

2018年11月3日から11月9日まで上映
開映時間 12:15 / 16:20
■監督 トッド・ヘインズ
■原作・脚本 ブライアン・セルズニック
■撮影 エドワード・ラックマン
■衣装 サンディ・パウエル
■音楽 カーター・バーウェル

■出演 オークス・フェグリー/ミリセント・シモンズ/ジュリアン・ムーア/ジェイデン・マイケル/コリー・マイケル・スミス/トム・ヌーナン/ミシェル・ウィリアムズ

■第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 正式出品

■オフィシャルサイト
 http://wonderstruck-movie.jp/

■物販情報
・パンフレット(800円)

PHOTO : Mary Cybulski © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

いつだって、 人生は驚きと幸せのワンダーランド。

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で失った少年ベンは、父親とは一度も会ったことがなく、なぜか母は父のことを語ろうとしなかった。ある嵐の夜、母の遺品の中から父の手掛かりを見つけたベンは、父を探すためひとりニューヨークへと向かう。

1927年、ニュージャージー。生まれた時から耳が聞こえない少女ローズは、母親のいない家庭で厳格な父親に育てられる。憧れの女優リリアンの記事を集めることで寂しさを癒していたローズは、リリアンに会うためひとりニューヨークへと旅立つ。

新たな一歩を踏み出しふたりは、謎の絆に引き寄せられていく。そして、大停電の夜、何かが起ころうとしていた――。

デヴィッド・ボウイの名曲にのせて奏でる 驚きに満ちた物語。 トッド・ヘインズ監督の新境地!

pic

アカデミー賞6部門にノミネートされた『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、アカデミー賞5部門に輝いた『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックによる同名ベストセラー小説を映画化、全世界熱望の最新作が完成した。

人種差別や同性愛など、現代に生きる私たちにとって重要な問題をテーマにしてきたヘインズ監督が今回描くのは、愛する人も居場所も失くした少年と少女が、初めてぶつかる人生の壁を懸命に乗り越えていく姿。大切な人を探すためにニューヨークを訪れ、自然史博物館に迷い込んだ彼らは、“驚きと幸せの一撃=ワンダーストラック”に次々と遭遇していく。

名曲「スペース・オディティ」にのせて、二つの時代を行き来する壮大な世界観のなか、最後に二人を結ぶ謎が明かされていく。今もなお新たな壁にぶつかる大人たちに、人生のきらめきを取り戻す術を教えてくれる感動の物語。

line

女と男の観覧車

Wonder Wheel
(2017年 アメリカ 101分 DCP
pic

2018年11月3日から11月9日まで上映
開映時間 10:20 / 14:25 / 18:30
■監督・脚本 ウディ・アレン
■撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
■衣装 スージー・ベンジンガー
■編集 アリサ・レプセルター

■出演 ケイト・ウィンスレット/ジャスティン・ティンバーレイク/ジム・ベルーシ/ジュノー・テンプル/ジャック・ゴア/デヴィッド・クラムホルツ/マックス・カセラ

■オフィシャルサイト
 http://longride.jp/kanransya-movie/

■物販情報
・パンフレット(720円)

Photo by Jessica Miglio ©2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

まわる、まわる。秘密の恋が回る。

pic


ウェイトレスのジニーは、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、ライフガードのアルバイトをしているミッキーと付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、彼との未来を夢見ていた。しかし、ギャングと駆け落ちして音信普通になっていた夫の娘キャロライナが現れたことから、全てが狂い始める――。

もっと素敵な人生が待っているはず―― あくなき理想を追い求める女性の魂の奥深くに迫る、 心ざわめくヒューマンドラマ

pic


『ミッドナイト・イン・パリ』
では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督。最新作の舞台は1950年代、NY・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない――。夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、名匠ウディ・アレン監督の恐るべき野心作が誕生した。

情熱的な主人公ジニーを演じたのは、アレン監督作に初出演のケイト・ウィンスレット。「最高峰の演技力を誇る女優でないと成立しない」という監督の要望に見事に応え新境地を開拓。その圧倒的な演技は世界中で大絶賛されている。海岸で働くライフガード役にはジャスティン・ティンバーレイク。前作から続投のヴィットリオ・ストラーロの撮影による、詩情豊かでカラフルな映像がスクリーンを彩る。

line

 

shitateya

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

DATA
早稲田松竹映画劇場
TEL
03-3200-8968
住所
東京都新宿区高田馬場1-5-16 
営業時間
上映作品によりタイムテーブルが異なりますので、週により開館・閉館時間は異なります。
<入場料> 1,300円(大人)/1,100円(学生)/800円(ラスト1本)など

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2018 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.