高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
お問い合わせ
会員登録・ログイン
  • お店を探すお店を探す
  • 特集特集
  • ジモア新聞ジモア新聞
  • 求人情報求人情報
  • What's ジモアWhat's ジモア
高田馬場・早稲田・目白の情報が満載。地域密着情報サイト【ジモア】
HOME > ジモアマガジン > , , , , , > 第四十七場 ゲスト:黄皓(こうこう)4代目バチェラー/ミラーフィットCEO

第四十七場 ゲスト:黄皓(こうこう)4代目バチェラー/ミラーフィットCEO


ジモア宣伝隊長HEY!たくちゃんのババくる!?
ものまね芸人HEY!たくちゃんが、高田馬場で対談! 今回のゲストは、早稲田大学OBでパーソナルトレーニングジムなど数社を率いる実業家、そしてAmazon Prime Video の人気番組『バチェラー・ジャパン』4代目バチェラーの黄皓(コウコウ)さん。番組ファンでもあるたくちゃんが、番組秘話や黄さんの実業家としての素顔に迫ります。

 


たくちゃん:僕は「バチェラー・ジャパン」が大好きで、シリーズ全作品を観ました。実は、2020年にはバチェラーの男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1の参加者に応募しようとしたんです。あいにく同じ時期にニューヨークのラーメンイベントに出店する予定があって断念しました。

黄皓:えっ? 僕と一緒に参加していたかもしれないんですね。

たくちゃん:応募しても受からなかったと思いますよ(笑)。僕は野球部出身なんですけど『バチェロレッテ・ジャパン』は、部活の合宿と同じだなあ~って……。男性陣が回を重ねるごとに成長していって、最初は強さが目立っていた黄さんも、だんだん優しくなっていきましたよね。

黄皓:たしかに、最初は強気キャラでした。

たくちゃん:黄さんがバチェロレッテの福田萌子さんに「もうリスクヘッジするのはやめて」って言われたシーンは、戦慄が走りましたよ。結構キツイ言葉だったので、僕までドキドキしちゃいました。

黄皓:僕も緊張しました(笑)。 萌子さんは人の心の動きをよく見ていて、言語化能力も高いので、フラれたくなくて一歩踏み込まない僕を“リスクヘッジ”という言葉で表現したんです。それがきっかけで自己開示することができました。素晴らしい感性を持った女性だと思います。

たくちゃん:バチェラーファンの女芸人たちが「詰め寄られた瞬間の黄さんが好き」って騒いでましたよ。

黄皓:ずっと強気だった人間が見せた弱さに対するギャップ萌えですかね。

たくちゃん:最後、フラれた時の背中がすごくカッコよく見えました。

黄皓:あの時はガチでフラれて、ヘコみましたから(笑)。

波乱の番組内で、バチェラーとして見つけた理想のお相手

たくちゃん:2021年の『バチェラー・ジャパン』シーズン4では、初登場した時の黄さんの仕上がった身体がゴージャスで、オーラを放っていました。僕も身体を鍛えているから分かるのですが、糖質制限やトレーニングの努力が画面から伝わりました。

黄皓:体脂肪率6%まで絞ったので研ぎ澄まされた状態だったと思います。海外ロケなので撮影前に2週間のホテル隔離期間もあって、普段のように食事がコントロールできなくて大変でした。

たくちゃん:シーズン4はこれまでと違うガチな雰囲気がありました。自分はこうしようと決めていたことはありましたか?

黄皓:僕なら身体を仕上げて、面白いことを喋って、もっとリアルに女の子を夢中にさせられるって思いました。今の時代はリアリティがないと視聴者はついてこないと思うんです。3カ月も撮影があるから自分を演じてもバレますし。台本がない世界だからこそ、僕らしく行こうと思っていました。

たくちゃん:途中で参加者の女性が帰っちゃったり、女性陣と気まずい雰囲気になったりした時は、観ていてハラハラしました。エピソード中盤のパーティーで、黄さんと個別にキスをした2人の女性が腕を組んで目の前にやってきた時はどんな気持ちだったんですか?

黄皓:諒子とのんちゃんが一緒に僕のところに来てくれたのは嬉しかったですよ。本来なら敵対してもおかしくない2人が仲良くなるって楽しくないですか?

たくちゃん:いやいや「怖っ!」って思いました(笑)。普通の人なら、うろたえる場面なのに冷静でしたよね。

黄皓:あはは! 僕は全然平気でした(笑)。

たくちゃん:なんちゅう強靭なハートを持ってるんだ! 番組のラストで諒子さんの足元に跪きながら指輪を渡して、感謝とプロポーズの言葉を伝えたシーンは感動的でした。

黄皓:それは、諒子の素晴らしさです。自分の気持ちをきちんと伝えて喜ばせてあげたいと思わせる女性ですね。

たくちゃん:奥さんを大事にすると運気が上がるって、はなわさんから聞きました(笑)。成功している経営者は奥さんを大事にしている人が多いと言いますよね。

黄皓:プライベートが充実していれば、安心して仕事に打ち込めるのは確かです。家で揉め事があると、気を取られてクリアな思考ができないし、仕事でギリギリになっている精神力と体力をさらに消耗させますから。気持ちの余力は大事ですね。

太った自分を変えるために始めた運動が、起業のきっかけに

たくちゃん:パーソナルトレーニングジムを起業したきっかけは何ですか?

黄皓:サラリーマン時代に不規則な生活で太ってしまい、だらしない体型をタイトなスーツなどの洋服でごまかしていました。30歳の頃、真剣に体型を改善したくてライザップに行きましたが、サービスは素晴らしいけど、料金が高くて続けられないって感じたんです。世間にはパーソナルトレーニングをお金の事情で諦める人が多いのかもしれないと思い、6年前にパーソナルトレーニング受け放題を約3万円で提供するジム・エステ『BESTA』を開業しました。

たくちゃん:トレーニング受け放題でその価格は凄い! ダイエットの他にもファッションやヘアメイクのアドバイスをするサービスもあるそうですね。

黄皓:運動だけが自己実現の方法ではないと考えていて、人が持つ願望や、なりたい自分になる手助けをできるのではないかというのが発想の源です。でも全国にこのサービスを広げるのには資金も時間もかかる。そこでより多くの人がこのサービスを自宅にいながら受けられるよう、オンラインでトレーニングプログラムなどを提供する『MIRROR FIT.』の事業も始めました。

たくちゃん:黄さんらしいアイデアですね。近未来的でカッコいい!

黄皓:運動ではなく、自己実現が目的ですよね。運動を通じて、僕は自信がついて自分のことが好きになった経験から、多くの人に自己実現できる機会を提供したいんです。

たくちゃん:ファッションやヘアスタイルがいつもカッコいいですが、見た目の重要性に気づいたのはいつ頃ですか?

黄皓:きっかけは14歳くらいかな。中国から日本に来たばかりの僕は、おかっぱ頭でシャツをズボンにインするイケてないスタイルで、見た目の違いに引け目を感じていました。オシャレになりたくて、近所の床屋で「短髪で前髪をツンツン立ち上げるスタイルにしたい」ってオーダーしたら、角刈りに仕上がっちゃったんです。

たくちゃん:うわー、昔の床屋あるあるですね(笑)。

黄皓:終わった…って思いました。でも学校に行ったら「カッコいいじゃん!」ってみんなが褒めてくれて、すごく嬉しかったです。きっかけをくれた小平駅前の床屋さんへお礼に行きたいくらいですよ。

部下をワクワクさせたい。理想のリーダー像はルフィー

たくちゃん:仕事をする上でのモチベーションって何ですか?

黄皓:家族、お客様、社員が喜んでくれることです。社員から「黄さんと一緒に仕事するのが楽しいです」なんて言われたら「やるぞ!皆にいい景色見せてやる!」って奮い立ちますね。あとは、SNSで宣言してしまうことです。宣言したからには、やるしかない!ってなるんです。僕の場合は、人からの要望や感謝などに突き動かされることが多いかな。ラーメン作りもそうじゃないですか?

たくちゃん:そうですね。1回1回、お客さんが喜ぶ最高のものを作るつもりでやってます。では、逆に仕事でストレスを 感じるのはどんな時ですか?

黄皓:やはり人、一番は社員のことです。6年間会社をやって、社員が離れたことは一度もありませんが、それでも「最近やる気が起きない」「仕事が楽しくない」などと 聞くと胸が痛くなります。人生の貴重な時間を預けても らってるのに、給料以外のメリットを与えられてないって。皆がもっと楽しいと思えるにはどうしたらいいか、いつも模索して います。会社としてやるべきことと、社員の自己実現のバランスを考え て悩みますね。

たくちゃん:なるほど。目指す組織のあり方やリーダー像みたいなのはありますか?

黄皓:チームの理想像は、漫画『ワンピース』の海賊団です。ルフィーが夢とワクワクを見せるから、自然と優秀なクルーが集まってくる。僕 も社員をワクワクさせるリーダーでありたいです。

たくちゃん:僕も一緒に何かしたいと感じました。今、サイトで黄さんのカバン持ち募集 してますよね? 応募したいくらいです! 絶対に本も書いた方がいいですよ。

黄皓:それはタイミング見計らってます(笑)。

たくちゃん:黄さんは日本人魂みたいなもの がありますよね。

黄皓:日本に長く住んでいるので、文化やしゃべり方、考え方で近い部分はあります。そこに中国特有のハングリー精神や遠慮しない強さ、謙遜を美徳としない思想が加わっているのが、経営をする上での強みだと認識しています。貿易会社を経営する父親の背中を見てきて、父のような強い 経営者になりたいと思っています。

たくちゃん:大事ですよね。経営者はタフじゃないとダメだって、いつも自分に言い聞かせながら仕事をしてますから。学生時代はどんな感 じだったんですか?

黄皓:早稲田生時代はラーメンを食べ歩いたり、麻雀にあけくれたり してました(笑)。実は、慶應っぽいって言われますが、慶應に対しての早稲田の立ち位置みたいのがあって、雑草魂のようなものが培われたと思っています。長く付き合っている人からは、やっぱり早稲田っぽいね、と言われます。

たくちゃん:では最後に、今後の夢はありますか?

黄皓:夢は「自分のことを好きになる人がいっぱいの社会を、僕らの 会社で実現すること」。それと日本の学生が自分の将来のキャリアを 考えた時、あんな風にキャリアを積みたいと思える「カッコいい実業 家」になりたいです(笑)。

たくちゃん:それは楽しみです。ありがとうございました。

自信に満ち溢れ、颯爽とした姿はTVのバチェラーそのままで、とても気さくでユーモラスな黄皓(コウコウ)さん。たくちゃんのアゴまねと、黄さんのユーモアたっぷりの話題に取材は大盛り上がり。「健康とキレイを手に入れて自分を好きになる」をキーワードに、次々と革新的な事業を行う黄さんの今後の活躍に注目です。


Text: 櫻井 実由莉
Photo: 石森 亨
ロケ地::studio Arty


自宅にいながら運動を楽しく、マイペースに続けられるオンラインフィットネス
『MIRROR FIT.』

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて4月29日(金)まで、特別価格で先行予約販売実施中!
【ご予約はこちら】https://www.makuake.com/project/mirrorfit/

24時間365日、自宅がジムになる次世代スマートデバイス
・スイッチを入れるだけで、その空間が私専用のジムに。
・500本以上のトレーニングプログラム。AIが正しいフォームを徹底指導!
・Android 7.1搭載の32インチ大画面、映画やゲームも楽しめる!

公式LINE/メルマガにてお役立ち情報を毎週配信中!
◆公式 LINE       https://lin.ee/9Ponwou
◆公式メルマガ https://t.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=mirrorfit2020&task=regist

ゲストプロフィール

黄皓(こう こう)

1986年9月23日生/中国湖南省出身。
実業家。高校入学時に来日し、早稲田大学を卒業後、大手商社勤務で貿易事業を担う。現在は、上海の貿易物流会社の代表取締役、サブスクリプション型パーソナルジム・エステ『BESTA』のサロン経営者を務め、2020年7月にミラーフィット株式会社を創業。 2022年2月には応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」で『MIRROR FIT.( ミラーフィット)』をリリース。開始からわずか1分で目標金額を達成という偉業を成し遂げた。2020年にAmazonPrime Videoの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1、2021年に『バチェラー・ジャパン』シーズン4の4代目バチェラーとして参加。

◆公式ホームページ
https://mirrorfit.jp/

◆Makuakeプロジェクトサイト
https://www.makuake.com/project/mirrorfit

読者プレゼント
☆黄皓(こう こう)さん「サイン色紙」プレゼント

高田馬場・早稲田・目白エリアの地域情報サイト「ジモア(JIMORE)」は、地元の居酒屋やレストランのグルメ情報やビューティー、スクール、病院、ニュース、イベントなどの生活情報をご紹介。新宿区・豊島区を中心に地域コミュニティの活性化を目指しています。

TOP

グルメ

美容&健康

スクール&カルチャー

住まい&暮らし

アミューズメント

ショッピング

病院&薬局

公共施設

地域

© 2009-2022 COCOLONE, inc. All Rights Reserved.